自宅出産なんですよ。


私ごとなんですが、3歳の幼い娘がいまして【自宅出産】なんです。

ママさん

女房は妊娠した当初から、出産について色々考えてたみたいで、それを長々と話をするとキリが無いので割愛しますが、彼女の固い決意を感じた私は病院での出産を強要せずに【自宅出産】を受け入れたのです。そもそも出産の主役は女性ですしね。

それに予めお伝えしますが、自宅出産が良いから皆も 出産は自宅でしてみて~なんて安易に伝えたいのではありません。

自宅出産ならではのリスクがあります。それは緊急時の対応の事。妊娠した初期から診つづけてるお医者様なら 母体の変化を良く把握してますから、緊急事態にも相応に対応するでしょう。

それに対して、飛び込みで来た緊急の妊婦さんは 運び込まれても事前の情報を知らない分、お医者様も困るんですよね。ストレートに言うと受け付けませんというお医者様もいました。

だから【自宅出産】を選択肢した時点で、何かあった時の緊急の対応をしてくれる お医者様、病院をキチンと手配しなくてはなりません。これが意外と少ないですよ(^^ゞ自宅出産の明らかなリスクのひとつだと思いますよ。

その上で続き、私が良かったと思えるコト。女房が【自宅出産】を選択してくれたお陰で 私も産みの苦しみを実感出来ました。100%理解したとは言いませんが、その大変さはホント今でも鮮明に記憶に残ってます。

我が家の場合は、比較的早い時間に破水しました。ただし陣痛そのものが弱くお産の時間が長引いてしまったのです。病院であれば【陣痛促進剤】を使って陣痛を促すのですが、それはありません。女房を抱えて散歩に出かけます。たまには階段の上り下りをすることも。

2人でしばらく歩いていると陣痛が強くなるので急いで帰宅。そのまま女房を抱きかかえて2人で生む体制を整えます。一晩中その作業の繰り返しです。女房と向き合って私の太ももの上に座らせますので、私も腰が砕ける~(涙)と思うくらい辛かったです。

結局は助産師さんの「あと1時間で生まれなかったら病院に行くからね」 と言う台詞を聞いてから、なんと!30分後に赤ちゃんが生まれました。ぎりぎりセーフ。

女房も私も大汗かいて、くたくたの疲労困憊です。生まれてくる瞬間、赤ちゃんの手がパタパタと 私の太ももに触れた時の感触は忘れられません。「頑張れ!頑張れ!!」と私も腰が砕けそうな位の痛みを我慢しながら女房と赤ちゃんを応援しました。ホント、あの時はよく頑張った。

生まれてスグに体を拭いてあげて、綺麗なバスタオルで体を包んで。生まれたその日からその瞬間から赤ちゃんを囲んで 家族みんなで一緒のお布団で寝たこと。これは自宅出産ならではの経験です。

このことで私は少しだけ【産みの苦しみ】を知りました。それが財産かな。そうなると見える世界も違ってくる。私は未だ女房に【駄目男】【ダメンズ】と腐される男なんだけどね、それでも、赤ちゃんを産む大変さを目の当たりにして 妊婦さんや乳飲み子を持つママさんには、今まで以上に優しくしてあげようって思うようになりました。

妊婦さんに席を譲ろうよ。赤ちゃん泣いてても大らかにしようよ。

公共の場でママさんが苦労してるのを見てると 手を貸したくなるし声をかける自分がいます。子供なんて思うようならない、だからママは気苦労が絶えない。そうそう、ベビーカーって電車内で使うと気苦労しませんか?どんなに混雑してても、大らかに譲ろうよ。

知らず知らず舌打ちをしてる人いませんか?それって結構、傷ついてるよ。私は争い事は苦手なんですが、気苦労してるママさん達に対して舌打ちをするような風潮とは戦っていこうと思うのです。

最後まで、記事をご覧下りまして、誠にありがとうございます。
まごころ整体院は、皆様と共に成長を続けます。

 

まごころ整体院【市ヶ谷防衛省前店】

TEL:03-3356-1756 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。
メール:(お問い合わせページはこちらです)

受付時間:平日と土曜 09:00~20:30 日祝 09:00~13:00
※時間外ご相談に応じます。
定休日:毎週水曜日

〒160-0003 東京都新宿区本塩町21 廣瀬ビル7階
※市ヶ谷防衛省正門から徒歩1分

 

よく読まれる記事

はずれの無いお店の選び方
誰でも整体のお店選びで失敗したくないと思います。この記事をご覧のあなたもそうでしょう。体験談の多さや、その先生のキャリアとか気にしくなても、ほぼ外さない選び方のポイントの紹介です。
再発予防のために定期来院する必要はない?
意外と読まれてるようです(汗)ありがとうございます!整体にいつまで通えばいいんだ?と思う方が多いのでしょうか?定期来院の意味を真面目に考えてみました。

よく読まれる記事

それって本当?あなたはヘルスリテラシーに自信ありますか?
この記事は広く皆さんに読んでもらいたい記事です。健康情報を感情やイメージだけで読み取ってませんか?賢くなりましょう!正しく情報を読み取る力こそが、健康力をUPします。
物差しを脇に置かないと腰痛の原因は見えないよ!
真剣・本気の人が対象です。あなたは真剣に腰痛を卒業したいと思ってますか?その為に必要な心の準備があります。

よく読まれる記事

痛みの条件付けをしないこと!
この内容は、絶対に知っていて欲しい内容です。様々な原因がある中で、実はこれが一番厄介なんです。盲目的に信じてる人が結構多くて、毎回手を焼いてます。
骨の変形や歪みって気にしなくていんですよ。
骨盤矯正、体の歪みの話って整体屋さんではよく聞く話。お問い合わせもあります。痛みと歪みをわざわざ紐づけなくていいんですよ。無関係という事実を知って下さいね。