究極の腰痛ケア


先日、整体実技の勉強会に参加してきました!

私のような民間資格の整体の方が多いのかな?と思ってましたが、意外と国家資格の方もいましたね~3、4割は国家資格持ちかな~。懇親会にも参加して、その時に理学療法士の方達とお話も出来て中々良い交流が出来たと思ってます。で、その時に出た話題。

勉強会
最近では、理学療法士さんも独立開業、自費治療で経営される方も増えてきましたが、それでも主流は病院で働く人たちです。なので、理学療法士の方はエビデンス、つまり臨床結果などの科学的根拠を求められる立場で働いています。

ちなみに、私のような民間資格の整体は、そんな科学的根拠を示せない。だから、患者さまからの声、体験談を少しでも多く掲載するんだけど、殆どが、お客様の主観の話になるのが良くも悪くも特徴。

私にとってみれば、理学療法士さんの声って、お医者様と距離が近い人達の声だから気になるんですよ。

そんな、理学療法士から聞いた話。

腰痛の原因は・・・・ストレス
しかも、その方が言うには、腰痛の8割がそれに当てはまるとか。※兎に角、多いってことです。

最近、あちこちのメディアでも取り上げられるようなったので、聞き覚えのある方も多いんじゃないかな?

だから、本当の意味での根本からの改善を考えたら どうしても心理的ケアにたどり着いてしまうんだ。しかも、科学的根拠を大事にする理学療法士さんが言うんだから重みが違ってくる。

となると、次の話題で各々の先生の葛藤も出てきた。どこまでメンタルケアするの?という話題。

勿論、心理的なケアの必要性は、その場にいた先生は皆感じてた。お客様のメンタルケアを真剣に考えてるんだ。それに、皆が心理カウンセラーの資格を持っているのか?と言うとそういう訳でもない。

各々が、本業の技を磨きながら、+αでコミュニケーションについても学んでいる・・・そんな感じ。私もその1人ですしね(汗)だから、ゆくゆくは心理カウンセラーの資格を取ろうとは思ってる。

でも、その一方で、そこまで必要か?とも思う逆の考えもある。誤解を恐れずに言えば、人を救う仕事をしようとする人達はカウセリング、コーチング的なマインドを常に求められる気がするんだ。だから、資格が有っても無くても相手を理解しようとする気持ちが人のケアをする上で、とても大切なんだと思う。

もっとも、資格を取ると言うのは、お客様に安心して頂く要素になるしスキルを向上にも繋がる。資格を取ることが目的になってはいけないと言うこと。対人援助職というプロなんだからさ。

・・・とまあ、そんな事を考えながら、ワイワイと楽しい懇親会でした。そして、その席で最後に出てきた台詞。

【突き詰めたらさ、腰痛って言葉で治せるよね!!】

それそれ!!

スッゴク共感!!

だから、腰が痛いって隣の人が言ってたら、それはストレスだ~なんて野暮な事は言わずに、黙ってウンウンと話を聞いてあげて欲しいんだよな~そんな人間関係って優しくて好きだな!(^^)!最後までご覧下さいまして、ありがとうございました。

 

まごころ整体院【市ヶ谷防衛省前店】

TEL:03-3356-1756 「ホームページを見て・・・」 とお電話下さい。
メール:(お問い合わせページはこちらです)

受付時間:平日と土曜 09:00~20:30 日祝 09:00~13:00
※時間外ご相談に応じます。
定休日:毎週水曜日

〒160-0003 東京都新宿区本塩町21 廣瀬ビル7階
※市ヶ谷防衛省正門から徒歩1分

 

よく読まれる記事

はずれの無いお店の選び方
誰でも整体のお店選びで失敗したくないと思います。この記事をご覧のあなたもそうでしょう。体験談の多さや、その先生のキャリアとか気にしくなても、ほぼ外さない選び方のポイントの紹介です。
再発予防のために定期来院する必要はない?
意外と読まれてるようです(汗)ありがとうございます!整体にいつまで通えばいいんだ?と思う方が多いのでしょうか?定期来院の意味を真面目に考えてみました。

よく読まれる記事

それって本当?あなたはヘルスリテラシーに自信ありますか?
この記事は広く皆さんに読んでもらいたい記事です。健康情報を感情やイメージだけで読み取ってませんか?賢くなりましょう!正しく情報を読み取る力こそが、健康力をUPします。
物差しを脇に置かないと腰痛の原因は見えないよ!
真剣・本気の人が対象です。あなたは真剣に腰痛を卒業したいと思ってますか?その為に必要な心の準備があります。

よく読まれる記事

痛みの条件付けをしないこと!
この内容は、絶対に知っていて欲しい内容です。様々な原因がある中で、実はこれが一番厄介なんです。盲目的に信じてる人が結構多くて、毎回手を焼いてます。
骨の変形や歪みって気にしなくていんですよ。
骨盤矯正、体の歪みの話って整体屋さんではよく聞く話。お問い合わせもあります。痛みと歪みをわざわざ紐づけなくていいんですよ。無関係という事実を知って下さいね。