【腰痛 不眠】改善プロセス


腰痛 不眠 改善プロセス
100人いれば100通りの改善プロセスがあるもの。
とはいえ、どのようにして改善したのか気になると思います。

一回で良くなる方もいますが、それだけを見せて、
あたかも全員が1回で治るように見せるのは違うと思ってます。

治るとはどういう道筋をたどるのか?
それを正しく知る意味もあります。
ここでは、よくある事例を紹介させて頂きました。
その上で、当院のケアを受ける際の
ご参考にして下されば幸いです。

腰痛 不眠(50代 女性)

大学卒業後、就職してからずっと腰痛で悩んでいる方です。最初は大きな痛みではなく、騙し騙し腰痛と付き合ってきたようです。この1年で痛みがとてもひどくなり、最近では不眠にも悩まされてます。そして不眠だからといってお薬は飲みたくないとのこと。病院にいっても中々改善せず、どうしたらいいのか?分からずに困っておりました。

1回目

「友人の紹介でご来院」
現在の状態をしっかりと伺わせて頂きました。お話を聞いているとポイントになる点が出てきます。就職されてから、プレッシャーと戦ってきたのでしようか?お仕事のストレスが非常に大きいように感じました。会社での扱いに満足されてない様子です。腰痛とは我慢痛とも表現する先生がいて、ストレスが背景にあると出ることが分かっています。ただし、ご本人さまが腰痛とストレスの知らなかったので、じっくりと説明をさせて頂きました。初めて聞いた説明内容に驚きがあったようです。

2回目(1回目から4日後)

腰痛 不眠

4日後のご来院です。3日後の予定でしたが、急きょお仕事の都合で1日ずらしました。
ご来店して頂いて開口一番にお話して下さったのが不眠のことでした。ここまでグッスリ眠れたのは久しぶりだと感激しておりました。ご主人様も、ぐっすりと寝ている様子に大変驚かていたようです。お体の変化が出始めたのでしょう。

腰痛については、大きく変化はありませんでした。私自身、痛み探しをしてほしくないと思う立場をとっているので、気にしないようにとお話をさせて頂いております。ご本人様は、不眠が大きく改善したことが励みになったようです。腰痛もそのうち良くなるだろうと前向きに捉えてるとお話をして下さいました。2回目のケアと共に動画の視聴も行っております。内容に改めて驚かれてました。

3回目(2回目から1週間後)

腰痛 不眠

3回目は、2回目の治療から1週間後のご来院です。
不眠が大幅に改善されて、睡眠の質が向上してるようです。腰痛は少しだけ良くなったのかな?という言葉を頂きました。人によって改善するパターンが違うことを改めてお伝えしております。そして、ストレスについて色々とお話を聞く機会がありました。愚痴っぽい話をスミマセンと恐縮さてれましたので、声に出して話をすると思考がまとまって、かえって問題解決が早まるものとお伝えしております。

4回目(3回目から1週間後)

腰痛 不眠

4回目は前回の1週間後にご来院をしていただいております。相変わらずお仕事が忙しそうです。
いつの間にか腰痛が少し楽になっていたとのお話を頂いております。ご本人さまが言うには60%くらいまで減ったとのこと。まだまだ痛みはあるのですが、それでも体が変わってきたことを少しずつ実感されはじめました。4回目のケアは痛みが出るパターンのお話をさせて頂いております。私が【痛みの条件づけ】と呼んでる脳の癖の話です。この話をしっかりと理解して下さることがポイント。色々とお話をしてると、条件付けした痛みが沢山あるようでした。今後、セルフケアをする際の大切なポイントとして強調してお伝えしてます。

5回目(4回目から1週間後)・・・その後

腰痛 不眠

5回目は4回目の1週間後のご来院です。
いつの間にか腰痛が減ってる話から、いつの間にか無くなっていたという言葉に変化しました。随分と表情が明るくなっていようにも見えました。腰痛が完璧に無くなったのか?と言われると、まだ少しあるそうです。ですが、痛みとの付き合い方が分かってきたとの事でした。そしてストレスも改善に向けて取り組んでおられるようでした。

そして、その後も6回目、7回目と1カ月に一度のご来院を続けて下さいました。ストレスに関しては、おススメの本を読んでいただいております。読書療法とでも呼びましょうか。それで火が付いたのか、様々な本を自ら手に取るようになって、読んだこと感じたことをご報告下さいます。ストレスに対する向き合い方も上手になってきたように見えます。現在は、腰痛の話をあまり聞かなくなりました。痛み探しをしなくなったように見えます。しっかりと本来、向き合うべきテーマに心がむいているのでしょう。